自分の体に一部になるから違和感なし

治療

歯の治療方法で、歯を増やすという新しい考え方がインプラントです。事情があって歯を失った部分に新しく、人工歯を埋め込む治療法です。自分の歯として定着してくるので、手間もなく違和感なく使えるので便利で安心感も得られます。例えば部分入れ歯なら、毎日取り外しや洗浄が必要です。ブリッジも両隣の歯からぶらさがっているので、いつかは取れてしまったり、両方の歯にも負担がかかります。そのどちらもないのがインプラントなので、口の中のトータルの環境を考えてもメリットが多いです。また、虫歯などで神経をとってしまっている場合でも、インプラントならしっかりと固定できるので利用可能な方は多いです。限定的にしか使えない治療方法ではないので、多くの方に適用できるのも魅力です。だんだんと歯の骨と歯茎に一体化してくれば、強く固定されるので簡単に外れることもありません。耐久性に富んでいるのも、入れ歯などとは大きな違いです。自分の歯と同じ感覚でいいので、例えば粘り気が多いものや堅いものでも、あまり無理しすぎない程度なら問題なく使えます。自由に食事を楽しめるので、気持ちの面でもプラスが多いです。堺でも最先端の治療技術をマスターしている歯科が増えています。さらに使う機器も高度で衛生的ですから、環境面でも整っています。相談から実際の治療までスムーズですし、治療後のメンテナンスまで責任をもって診てくれる歯科が多いです。堺の歯科なら最初から最後まで任せられるから、何かあったらすぐに診てもらえるのは頼もしいです。

まずは相談してからスタートしよう

キーボード

堺の歯科医でインプラントを受けたいと思ったら、まずは対応している歯科に連絡を入れカウンセリングの予約を取ります。実際にチェックしないと判断できませんし、インプラント治療の流れを理解してもらうための説明も必要です。保険適用外なので自由診療として扱われます。大まかな流れとしては、まずは歯茎の下の骨部分に歯を支えるボルトを入れる準備をします。このボルトが歯の骨と一体化する必要があるので、それを待つので数か月かかります。完全に一体化したことが確認出来たら、今度はボルトに偽歯を取り付けます。この歯も周囲の歯に合わせて形や色を整えます。このようにインプラントは最低でも数か月はかかります。

判断に手間をかけ細かく行ってくれる歯科

医療器具

インプラントで重要なのは治療前の検査です。どのくらい骨にボルトをいれれば、耐久性が十分かなどの判断です。検査には診てチェックする他に、CTやレントゲン、より高度な3DのCTなど取り入れて、何度でも入念に確認してくれる方が後から困りません。何度も映像を取れられるのは面倒に感じますが、骨の状態把握には厚さや深さなど細かく計算しなくてはなりません。ねじを入れた後なら、しっかりと定着しているかの確認にもなります。この手間を省かずに丁寧に行う歯科なら、堺でも特に安心して任せられるクリニックと言えます。

鎌倉市の歯科医院で予防歯科を受ける

広告募集中