HOME>注目記事>大人になってからでも子どもと同じように歯並びを直すことはできるのか

大人になってから歯並びを直す意義

診療室

大泉学園周辺には歯列矯正を専門に手掛けている矯正歯科クリニックがあり、子どもだけでなく大人の歯列矯正治療も行っています。歯列矯正は幼少時から行わないとできないと考えている人もいますが、大人になってからでも矯正することは十分に可能です。大人になってから歯列矯正を希望するケースで多いのは、接客業やサービス業に就いている人が綺麗な歯並びにしたいと考える場合です。化粧品メーカーの美容部門で働くことになった女性が、会社の指示で矯正を始めることも少なくありません。また人前で話すことが多い職業の人も歯並びを直すことで滑舌が良くなり、聞き取りやすくて話しやすくなるというメリットがあります。

目立ちにくいマウスピース矯正が人気

インプラント

かつては歯の表面に金属製のブラケットを装着し、ワイヤーをかけて行う矯正治療が多かったものです。しかし最近は目立たない矯正治療を望む人が多く、大泉学園にある矯正歯科クリニックでもマウスピース矯正を行うケースが増えています。マウスピースはほぼ透明のため、矯正していることが分かりにくく、かつ違和感が少ないのも特徴です。現代の子どもは顎が小さくて尖っていることが多く、永久歯が綺麗に並ぶのが難しくなっています。大人と同様に見た目を気にする子どもも多いため、マウスピース矯正はあらゆる年代に支持されている矯正方法です。

マウスピース矯正以外の目立たない矯正法

インプラント

目立ちにくさが利点のマウスピース矯正ですが、口腔内条件によってはマウスピース矯正ができない場合もあります。しかし矯正していることを知られたくないという人も多く、大泉学園の矯正歯科クリニックでは別のタイプの治療方法をすすめています。歯列矯正に欠かせないブラケットは歯の表側(唇側・頬側)につけると目立ちますが、歯の裏側(舌側)に接着する方法なら目立つことがありません。どうしてもマウスピース矯正が不可能というときは、裏側矯正が適しています。

広告募集中